2007/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名も知らぬ遠き島・・・
昨年も同じ海だったので・・・あまり変わり映えしませんが。
大好きな夕日をどうぞ!

20070830221055.jpg


朝5時半の海・・・野間の灯台も一緒に。

20070830221249.jpg


「名も知らぬ遠き島より 流れ寄る椰子の実ひとつ・・・」
これは、愛知のもう一つの半島、渥美半島は伊良湖岬の恋路が浜に
流れ着いた椰子の実の事を歌った歌です。

明治31年 若き頃の民俗学者柳田国男がこの地を訪れ、
恋路ケ浜で椰子の実が流れ着いているのを見つけました。
旅から帰った柳田国男はこの事を親友の島崎藤村に聞かせました。
(恋路が浜に流れ着いた椰子の実が伊良湖岬の椰子の実記念館に展示されています。)
それを聞く藤村が作詞し、その詩に大中寅二が曲を付けたのでした。

↓ここに椰子の実があったら、雰囲気出るかも・・・?

20070830221452.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

海のむこう

Author:海のむこう
海のむこうから日々のメッセージ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。